しあわせが息づくこの場所で家族(大切な人)をおもてなしする

越の国の中心として栄え、紫式部が暮らした街、越前市。今も神聖な空気を漂わす寺社仏閣の数々が残るこの静かな街並み。ゆったりとした雰囲気の中、人生の節目にふさわしい格段のおもてなしと繊細な味わい・美しさ光る日本料理を心ゆくまでご堪能下さい。「萬谷Wedding」では、料亭だからこそできる少人数の「料亭婚」をご提案いたします。

風情ある石畳

かつて越前国府の中心市として栄えた餅並みには、今なおその面影がいたるところに残っております。寺社仏閣と石畳の雰囲気は他にはなく、風情があり和装はもちろん洋装もよく似合います。

料亭の落ち着き

披露宴は、料亭内で行うことができます。和の会場にテーブルと椅子を配置してレイアウトしてしていくため和洋どちらの雰囲気にも似合います。また、靴を脱いで過ごすスタイルは落ち着きがあり、ゲストとの距離も近いため、一人一人に対して結婚式で本来伝えるべき想いをしっかりとお伝えすることができます。

新鋭cuisine

食に対する概念が多様化する中、これまでの絶対的な和懐石の技術を中心にフレンチを融合させた「cuisine kyomachi Mantani」をご提案いたします。若い方から年配の方まで年齢問わず喜んでいただけるお料理になっております。

滞在型Wedding

萬谷Weddingでは、結婚式前日や当日に併設旅館「京よろず」にてご宿泊が可能です。前日から滞在していただくことで結婚式前の貴重な時間を家族と共に過ごしたり余裕を持って結婚式当日を迎えることができます。また、遠方からお越しのお客様にご宿泊していただくことも可能です。